タッチングの効果

寒さが朝晩厳しいですね。春が待ち遠しい今日この頃です!

今日はタッチングの効果についてです。
自律神経には、心と身体のつながりがありますが、さらに、触れることは、心と「体の感覚」とのつながりを取り戻す大切な手段です。
これが自然治癒力を高める働きをします。

精油を使ったオイルでの手技を総称して「アロマトリートメント」といいます。
ゆっくりとやさしいタッチのアロマトリートメントは、愛情ホルモンのオキシトシンを血管内皮に作用させ、一酸化炭素を増やし、血管を拡げ、血圧を下げてくれます。
身体がゆるみ、リラックスして温まることで、精油は最大限に吸収されます。

オキシトシンの分泌には、脳にアプローチするやさしいタッチが必要です。
ただし、気持ちよく感じるかどうかは、触れるスピードがとても大切です。細い神経繊維は1秒に5〜10cmというゆっくりとした速度で触れた時にのみ働きます。
アロマトリートメントのゆっくりしたタッチは、心をほぐし、大切にされているという「満たされた感覚」を与えてくれます。

この季節、寒さで縮こまった体を緩めてあげましょう!

Follow me!

前の記事

ペットアロマ(猫編)