更年期障害に対応するオイル

こんにちは!
今日は更年期障害に対応するオイルをご紹介します。

女性は閉経前後の更年期になると、卵巣から分泌される女性エストロゲンが減少します。
そのため、ホットフラッシュや動機、発汗、めまい、手足のしびれ、不眠、ゆううつ感、イライラなど様々な症状があらわれます。エッセンシャルオイルを使って、ホルモンバランスを整えましょう❤️

代表的なオイルはクラリセージ、サイプレスです。でも、ホルモン療法をしている人はこちらのエストロゲン様作用のある精油は使わない方が良いでしょう。

使えるものにはクラリーカムがあります。こちらはクラリセージやイランイラン、ゼラニウム他8種類が入ったブレンドのロールオンです。

また、更年期障害は女性だけの悩みではありません。男性も40~50代にかけてホルモンの分泌が低下し、多汗やED、のぼせ、イライラ、不眠、うつ、筋力低下などの体調の変化があります。

オイルで男女ともにホルモンの分泌をサポートしてくれるものは、ゼラニウム、ネロリ、ジャスミン、イランイランなどです。

上手に取り入れて、辛い時期を乗り切りましょう

(3 hearts)

Follow me!

前の記事

天然アロマでバスボム作り

次の記事

デトックス